• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

銀河座標において銀緯がマイナス90度となる天球上の点。地球から見て南側の極を指し、彫刻室座の方向にあたる。北側の極である銀河北極と合わせて銀河の極と呼ばれる。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉