• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

銀盃羽化の解説 - 学研 四字辞典熟語

盗難にあうことのたとえ。
注記
「羽化」は、羽が生じて飛び去ること。銀の杯に羽が生えて飛び去ってしまうという意から。「銀盃ぎんぱい羽化うかす」と読み下す。
故事
中国唐の時代、柳公権りゅうこうけんは著名な書家で、書を頼まれては莫大ばくだいな金品を得ていたが、使用人の中にこれを盗む者があった。銀の盃さかずきの入った箱があり、表の縄は結ばれたままなのに中身はなくなっていた。すると公権は「銀盃に羽が生えて飛んでいった」と言い、責めなかった。
出典
『新唐書しんとうじょ』柳公権りゅうこうけん