江戸時代の銀貨の単位の名目。貫・匁・分 (ふん) ・厘など。

  1. 猫などで、目の色が銀色のもの。

  1. 銀目鯛」の略。