• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

野村胡堂による時代小説のシリーズ。銭形平次と子分の八五郎らが活躍する捕物帳。第1作は、昭和6年(1931)、「オール読物」創刊号に掲載された「金色の処女」。以後、昭和32年(1957)までに、短編、長編などあわせて383編が執筆された。映画化、テレビドラマ化作品も多数。