[形][文]すすど・し[ク]
  1. 動作が機敏である。すばしこい。

    1. 「―・い馬かは知れませぬが優美な毛色ではありません」〈露伴・暴風裏花〉

  1. 機をみるに敏である。するどく賢い。また転じて、言動に抜け目がない。わるがしこい。

    1. 「そう云やどこか眼の中に、―・い所があるようだ」〈芥川・鼠小僧次郎吉〉

    2. 「若年の時より―・く、無用の欲心なり」〈浮・胸算用・五〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース