• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「史記」平原君伝から》錐の先が袋から突き出るように、英才は隠れていてもいつか必ず真価を現すということ。