• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

錦上添花の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

善美なものの上に、さらに善美なものを加えること。本来、美しい錦にしきの上に、さらに美しい花を添える意。よいもの、美しいもの、めでたいことなどが重なることに用いる。▽「錦」は美しい綾織物あやおりもの。一般に「錦上きんじょうに花はなを添う」と訓読を用いる。
出典
王安石おうあんせき「即事そくじ」(詩)

錦上添花の解説 - 学研 四字辞典熟語

美しいものやよいものに、さらに美しいものやよいものを加えること。
注記
「錦」は、美しい綾織物あやおりもの。美しい綾織物の上に、さらに美しい花を添えるの意から。めでたいことが重なったときに用いることば。「錦上きんじょうに花はなを添う」と読み下す。
出典
王安石おうあんせき「即時そくじ

キーワード[幸運/不運]の四字熟語