• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

錦心繡口の解説 - 学研 四字辞典熟語

詩や文章を書く才能にすぐれていることのたとえ。また、そういう人をほめたたえるときにいうことば。
注記
「錦心」は、錦にしきのように美しい心。「繡口」は、刺繡ししゅうのように美しいことば。美しい心と美しいことばをもっているの意から。
出典
柳宗元りゅうそうげん「乞巧文きっこうぶん
類語
咳唾成珠がいだせいしゅ

キーワード[才能・実力・能力]の四字熟語

キーワード[詩歌]の四字熟語