1. ニシキギ科の落葉低木。山野に自生。枝にコルク質の翼が四方につき、葉は楕円形で、秋に紅葉する。5月ごろ、黄緑色の小花が咲き、実は赤く熟す。庭木にされ、枝に翼のないものをコマユミという。ニシキギ科にはマユミマサキなども含まれ、種子に鮮やかな色の仮種皮をもつものが多い。 秋 花=夏》「われ稀に来て―を立去らず/夜半」

  1. 5色に彩った約30センチくらいの木。昔、奥州で、男が恋する女に会おうとするとき、女の家の前にこれを立て、女に迎え入れる心があれば取り入れ、取り入れなければ、男はさらに繰り返し、千本を限度として通ったという。

    1. 「思ひかね今日立て初むる―の千束も待たであふよしもがな」〈詞花・恋上〉

[補説]書名別項。→錦木

柳川春葉の小説。明治34年(1901)発表。

出典:青空文庫