• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大日本帝国憲法下の制度で、勅任官を5年以上勤めた者、および勲三等以上の華族や官吏で特に功労のある者に与えられた資格。ときどき錦鶏の間に祗候して、天皇の諮問などに奉答するもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉