1. 紀元1世紀ごろ以前にエジプトに始まり、アラビアを経てヨーロッパに広がった、卑金属貴金属の金に変えようとする化学技術。さらに不老不死の仙薬を得ることができるとされ、呪術 (じゅじゅつ) 的性格をもった。科学としては誤りであったが、多くの化学的知識が蓄積され、近代化学成立の基礎資料となった。アルケミー。

  1. 転じて、ありふれたもの、値打ちのないものを貴重なものに作り変えるという術。

  1. (「金」を「かね」と意識して)お金・財産を生み出す特別な方法。また、非常に貴重なものを作り出す方法。「必ず儲かるという錬金術はない」

出典:gooニュース

出典:青空文庫