• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。鍋売りが、羯鼓 (かっこ) 売りと1軒の店を争って舞ううち、鍋を割ってしまい、「数が多くなってめでたい」と負け惜しみをいう。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉