• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. つるのない鍋・釜を火から下ろすとき、両手に持って縁をつかむためにわらで作った道具。鍋・釜の下にも敷いた。

  1. 《形が1に似ているところから》冠の老懸 (おいかけ) の異称。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉