• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古墳時代の腕飾り。碧玉 (へきぎょく) 製で、鍬の刃の形に似る。権威の象徴あるいは宝器と推定され、西日本の古墳にみられる。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉