一方の木材に端部の広がった突起を作り、他方の木材にはめ込む継ぎ手。土台・桁 (けた) ・母屋 (もや) など主として引っ張りを受ける水平材に用いる。鎌。