• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、元禄(1688~1704)のころ、町奴 (まちやっこ) の間で流行した衣服などの模様。鎌の絵に、丸い輪と「ぬ」の字を連ねたもので、「構わぬ」にかけてしゃれたもの。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉