鼻の下から左右へ、鎌の形にはね上げたひげ。江戸時代、奴 (やっこ) などが生やした。また、油墨でかいたものもある。やっこひげ。

歌舞伎十八番の一。安永3年(1774)江戸中村座初演の桜田治助作「御誂染曽我雛形 (おあつらえぞめそがのひながた) 」二番目の大切 (おおぎり) が原形。現在のものは、明治になってからの、竹柴金作の新脚色。