• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、節会の行事などの際、近衛の官人が着た儀仗用の鎧。布帛 (ふはく) に金・銀などの装飾を施したりして鎧の形に作ったもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉