• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陰暦6月と12月のみそかの夜、火災を防ぎ、火のけがれを払うために宮城の四隅で卜部 (うらべ) 氏が火をつかさどる神を祭った神事。ひしずめのまつり。