• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
肉体から遊離しようとする魂や、遊離した魂を肉体に落ち着かせるための儀式。
宮中で、陰暦11月の中の寅 (とら) の日(新嘗祭 (しんじょうさい) の前日)に行われた祭儀。天皇・皇后・皇太子などの魂を鎮め、御代の長久を祈ったもの。みたまふり。ちんこんさい。