• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[ト・タル][文][形動タリ]《「鏗」は金石の打ち合う音の意》鐘の音などが鳴りわたるさま。
  • 「浅草寺の明 (あけ) 六つの鐘が、―と鳴り渡って居る」〈菊池寛・蘭学事始〉