• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 能舞台で、橋懸かりの奥の揚げ幕のすぐ内にある板敷きの部屋。姿見鏡を置き、役者は登場直前にここで面 (おもて) をつけ、気を統一する。

  1. 江戸時代、歌舞伎舞台で大臣柱と大臣柱の間の本舞台になるところ。

  1. 四方に鏡を張りめぐらしてある部屋。

  1. 鏡の回廊

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉