• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代以後、寝殿に置いた調度の一。円形または八つ花形で脚のついた台の上にのせ、鏡・汗手拭 (あせたなごい) ・領巾 (ひれ) などを入れた。