• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 《「開き」は「割り」の忌み詞》正月11日(もと20日)に鏡餅 (かがみもち) を下ろし、雑煮汁粉にして食べること。武家では、男子は具足に、女子は鏡台に供えた鏡餅を手や槌 (つち) で割り砕いた。町家でもこの風習をまねて行うようになった。鏡割り。 新年》「伊勢海老の―や具足櫃 (ぐそくびつ) /許六

  1. 鏡抜き」に同じ。鏡割り。

出典:gooニュース