鑑真の解説 - 小学館 大辞泉

[688~763]奈良時代の渡来僧。日本の律宗の祖。中国揚州(江蘇省)の人。渡日を志して五度失敗し、その間に失明したが、天平勝宝5年(753)来日。東大寺に初めて戒壇を設け、聖武上皇らの帰依を受け、唐招提寺 (とうしょうだいじ) を創建して戒律の根本道場とした。大僧都 (だいそうず) となり、大和上 (だいわじょう) の号を受けた。渡来の事情は唐大和上東征伝 (とうだいわじょうとうせいでん) に詳しい。