• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

釈尊の入滅後を闇にたとえたもの。また、無明の闇。

「まつはれてこそは、―にもまどふわざななれ」〈・横笛〉