• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 長い間の眠り。迷いから長くさめないことのたとえ。

    1. 「逢ふと見しその夜の夢のさめであれな―は憂かるべけれど」〈千載・恋四〉

  1. 死ぬこと。永眠。

    1. 「七十の夢より後のいかならん―の果てぞ悲しき」〈続千載・雑下〉