• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。都の盗人が田舎者の持つ長光の太刀をだまし取ろうとして争いになる。仲裁人がその特徴を聞くと、盗人は田舎者の話をまねて答えるが、最後にはごまかしきれなくなって逃げだす。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉