• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、安永・天明(1772~1789)のころ、右手で米銭を入れる酒樽 (さかだる) を提げ、左手で長松小僧と名づけた60センチくらいの着飾った禿 (かぶろ) 人形を舞わせながら、家々を回って物ごいをした門付け芸人。