• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滋賀県大津市の三井寺の後ろの山。[歌枕]

「世の中をいとひがてらに来しかども憂き身ながらの山にぞありける」〈後撰・雑三〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉