• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形ク]

  1. 落ち着いてのんびりしている。のんきでゆったりしている。

    1. 「世の中にたえて桜のなかりせば春の心は―・からまし」〈古今・春上〉

  1. 天候が穏やかである。のどかで、うららかである。 春》

    1. 「かきたれて―・き頃の春雨にふるさと人をいかにしのぶや」〈・真木柱〉

  1. たいくつなほど暇である。

    1. 「つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなう―・しや」〈徒然・七〉