• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

毛細血管が合流して太くなった静脈が、再び分岐して毛細血管網を形成する静脈系。特に、肝門脈 (かんもんみゃく) をさし、消化管脾臓 (ひぞう) からの栄養物を含む血液を集めて肝門を通る。肝臓で物質交換が行われたあとは、再び大静脈となって心臓に戻る。ほかに脳下垂体門脈があり、鳥類などでは腎 (じん) 門脈も発達。門静脈。