[動カ下一][文]ひら・く[カ下二]
  1. 狭い状態から広い状態になる。「バイパスにはいると急に道が―・ける」

  1. (「展ける」とも書く)遮るものがなく広く見渡せるようになる。「眺望が―・ける」

  1. 文明・人知などが進む。「―・けた国」

  1. 人が多く住むようになってにぎやかになる。「工場の移転で急速に―・けた地域」

  1. よいほうへ向かう。先の見通しが明るくなる。「運命が―・ける」

  1. 人情に通じ、話がわかる。「彼は―・けた人である」

  1. 悩みがなくなり晴れ晴れとする。「気持ちが―・ける」

  1. 道路・交通機関などが通じる。「鉄道が―・ける」

  1. 物事が始まる。

    1. 「天地 (あめつち) の―・け始まりける時」〈古今・仮名序〉

  1. 10 花が咲く。つぼみがほころびる。

    1. 「それもがと今朝―・けたる初花に劣らぬ君がにほひをぞ見る」〈・賢木〉

  1. 11 忌み詞で、遠く落ちのびる。

    1. 「敵御方一万二千余騎、東に―・け」〈太平記・三〇〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース