• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸中期以後、鎖国攘夷 (じょうい) を廃し、外国との通商を主張した論。工藤平助本多利明渡辺崋山高野長英らが主張。安政の開国後は、尊王攘夷論に対して佐幕開国論も行われ、文久期には尊攘論者のなかから開国論が生じた。開港論。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉