• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

未墾地を開発してその土地の所有者となった者。平安中期以後、中央の社寺・貴族に土地を寄進し、その支配権を保留して荘官となる者が多かった。かいほつりょうしゅ。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉