• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 法会または修法の初めに、勧請 (かんじょう) の本尊に祈願の趣旨や事項などを申し述べること。表白 (ひょうびゃく) 。啓白 (けいびゃく) 。

    1. 「十一面観音の像を造り、因りて―し供養することすでに訖 (を) はりき」〈霊異記・下〉

  1. 法会の初日。

    1. 「五月二十四日は―なり。二十五日は第二日なり」〈盛衰記・三〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉