• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉時代の仏教書。2巻。日蓮著。文永9年(1272)成立。佐渡の配所での述作。受難の理由を深く考察したところから出発し、法華 (ほっけ) 精神の解明をしたもの。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉