• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

開眼供養の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

新たに仏像や仏画を作ったとき、最後に目を入れて仏の魂を迎える法会ほうえ。▽「開眼」は仏眼を開く意。仏の魂を入れること。
句例
開眼供養を執行する
用例
いずれも大安寺に住み、四月、開眼供養の際には、晴れの開眼役を務めた。<花田清輝・小説平家>
活用形
〈―スル〉

開眼供養の解説 - 学研 四字辞典熟語

新しく仏像を作ったときにする法会ほうえのことで、建物の中に安置し、目を入れて魂を迎えるもの。
注記
「開眼」は、仏眼を開くこと。「開眼」を「かいがん」と読み誤らない。

開眼供養の解説 - 小学館 大辞泉

開眼1の際に行う供養。「大仏開眼供養」