• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《静睡 (じょうすい) を開覚する意》

  1. 禅宗寺院で、早朝、雲版などをたたいて、起床を促すこと。

  1. 曹洞宗で、座禅をやめて座を離れること。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉