• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

人情本。松亭金水作、歌川貞重画。天保10~12年(1839~1841)刊。5編15冊。福見屋米次郎と馴染みの遊女清鶴、その妹のお里ほか、二組の恋人たちの愛と葛藤を描く。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉