岐阜県南西端の地名。交通の要地で、古くは不破 (ふわ) の関が置かれた。安土桃山時代から中山道の宿駅となり、北国街道伊勢街道の起点ともなる。