• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

南北朝時代、北畠親房 (きたばたけちかふさ) の書状。1巻。興国3年(1342)執筆。親房が常陸 (ひたち) の関 (せき) 城から磐城 (いわき) の白河の結城親朝 (ゆうきちかとも) へ送り、時勢を説きながら援軍を頼んだもの。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉