《関所の東の意》
関東地方」の略。
奈良時代以来、鈴鹿不破愛発 (あらち) の三関以東の地。のちに、逢坂 (おうさか) の関より東の地域。中世以降、箱根の関より東の8か国、関八州の称。これに伊豆甲斐出羽陸奥 (むつ) を加えて関東十二国と称したこともある。
(中国で)

函谷関 (かんこくかん) 以東の地。

山海関以東の地。以前の満州、現在の中国北部。

  1. 鎌倉幕府のこと。

  1. 室町時代、関東公方 (くぼう) (鎌倉公方)、関東管領 (かんれい) のこと。

  1. 江戸幕府のこと。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉

出典:青空文庫