• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

関所のほとりの川やわき水。特に、逢坂 (おうさか) の関のほとりの川。

「あまたたび行きあふ坂の―に今はかぎりの影ぞ悲しき」〈千載・雑中〉

出典:gooニュース