《「関 (あず) かり白 (もう) す」の意。近世までは「かんばく」》

  1. 帝王の政務にあずかって意見を言上すること。

  1. 成人後の天皇を補佐して政務をつかさどった重職。平安中期藤原基経 (ふじわらのもとつね) に始まり、慶応3年12月9日(1868年1月3日)王政復古により廃止。一の人。→摂政 (せっしょう) 

  1. 威力・権力の強い者をたとえていう語。「亭主関白」

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫