• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

埴谷雄高 (はにやゆたか) の短編連作小説。副題は「夢についての九つの短篇」。作者が主題とする「存在」を、夢の中から幻想的に表現する。昭和45年(1970)発表。同年、第6回谷崎潤一郎賞受賞。