1. 光のささない状態。暗いこと。「―に包まれる」

  1. 闇夜。

    1. 「文化五年の辰年のこんな―の晩に」〈漱石・夢十夜〉

  1. 思慮分別がつかないこと。「心の―」

  1. 知識がないこと。

    1. 「母の言葉の放った光に我身を縈 (めぐ) る―を破られ」〈二葉亭浮雲

  1. 先の見通しがつかないこと。「失業して前途が―となる」「一寸先は―だ」

  1. 正規の手続きによらない取引。「―でもうける」「―取引」

  1. 世人の目にふれないこと。「―に葬る」

  1. 仏教で、往生の妨げとなる迷い。

  1. 文字が読めないこと。

    1. 「その余の文字は―なる男」〈咄・醒睡笑・三〉

  1. 10 《陰暦30日は闇夜であるところから》3・30・300など、3のつく値段のこと。雲助などが使う。

    1. 「まんだ安いなら―げんこ(=三百五十)で」〈滑・膝栗毛・五〉