• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(ドイツ)Der Abentheurliche Simplicissimus Teutschグリンメルスハウゼンの小説。1668年刊行の初版は全5巻。1669年の再版時には続編1巻が付け加えられた。三十年戦争を背景とする一人の少年の成長譚で、ドイツの代表的悪漢小説の一つであり、教養小説の先駆的作品ともされる。