• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
山口県下関市阿弥陀寺町にあった真言宗の寺。安徳天皇が葬られ、中世までは浄土宗。明治8年(1875)、寺を廃して赤間宮となる。→赤間神宮
山口県防府 (ほうふ) 市牟礼 (むれ) にある真言宗御室派の寺。山号は華宮山。文治3年(1187)、東大寺大勧進重源 (ちょうげん) が別所として建立。近世初期まで浄土宗であった。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉