• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

阿波野青畝の解説 - 小学館 大辞泉

[1899~1992]俳人。奈良の生まれ。本名、敏雄。「ホトトギス」で活躍し、俳誌「かつらぎ」を創刊。市井の生活を題材に、自在な句境を示した。句集「万両」「春の鳶」など。

阿波野青畝の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
奈良県高市郡高取町
生年月日
1899年2月10日 みずがめ座
没年月日
1992年12月22日(享年93歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉